オンラインビデオ通話〔全国〕対面〔都内、千葉、埼玉〕匿名電話相談〔ボイスマルシェ〕

アダルトチルドレン(AC)とギャップ

あなたは自分の親が好きでしたか?もしくは親がしてくれたことを子供にもしてあげたいと思ってきましたか?もしかしてあなたは、自分が生育地に満たされなかった思いがあり、「だから私は自分の子供にはそんな思いをさせたくない。」と思って頑張って来ませんでしたか?そして親を反面教師にして、自分が満たされなかった辛い思いをさせないようにと、お子さんに親と違う育て方をしようとして、そのギャップで「こんなに恵まれているのに、まだ文句があるの!」と時々爆発してしまうことはないでしょうか。自分が体罰を受けて躾けられた親は、怒ってはいけないと思いながら、時々怒りが爆発して怒りすぎてしまうというのは、よくある話です。あなたが苛立つのも無理もないことでもあります。あなたは生育期に頭ごなしに怒られ、わかってほしくって何か言おうとすると、「口答えをするな。」と怒られていたのに、自分が理解してもらえなかったことを子供には理解してやらねばならず、それをしなければ表面に問題が浮上い時代になっているのです。

 

 そして「アダルトチルドレン問題に向かい合ってきたのに、まだ問題が出てきてしまった!」とお悩みではないでしょうか?!そういうご相談が最近多くなっています。それだけアダルトチャルドレンの認識がネット情報社会で広がって、日本人のほとんどがアダルトチルドレン( AC )に該当すると言われています。あなたの問題も決してあなた一人だけが悩んでいるわけではありません。同じように悩んで人がこの日本には多いのです。

 

 今あなたは世代間連鎖の問題を気が付き悩んでいるとしたら、まずはあなたが癒ことを学ばれるチャンスであり、親は支援と試練を与える存在であることも受け入れて、輝くバトンを次の世代に渡す使命があるのではないでしょうか。