オンラインビデオ通話〔全国〕対面〔都内、千葉、埼玉〕匿名電話相談〔ボイスマルシェ〕

信頼するのと、放任は違う!

前回まで、親が子供の領域まで口出ししない、干渉しないことの大切さを書いていましたが、では学校とのつながりや関係を親がどうしておいたらいいか?

 

よくある質問でもありますので、その辺りの事を書いておきたいと思います

多くの実際の事例や私の過去の体験も考慮に入れての意見です。

まず親も学校行事、進路、学費等、学校から親にお知らあったりで親が関わる必要がありますよね。

子供の人生で子供の為の領域でなありますが、
親のやっておいた方が上手くいくこともあります。

担任や養護の先生、スクールカウンセラーと連絡を親からとって、繋がりや関係を良くしておいた方がいいと言えます。

学校に戻るか、転校やフリースクール、通信校、専門学校、本人がきめることですが、元気ややる気が出てきた時に、色々な選択肢があった方が本人も希望や可能性を持ちやすいでからです。

学校の関係者と良い関係で親が繋がっていれば、何かと忙しい先生に協力を頼みやすくなりますよね。

いきなり教室に入るより保健室から居場所をつくって、段階的にクラスメイトに馴染めるような協力を得やすい。それで登校できるようになる事例もいくつもありますから。

また不登校期間中に遅れた勉強も先生方にサポートしてもらえた方がいい。

勉強は再登校し始めたころは気にしなくていいからといっていても、いつまでもできないままだと、また行くのが嫌になったりしてしまいやすいですから。

先生達も時間にゆとりがない場合も多いので、いつも先生達に期待できないことかもしれませんが、学校関係者と良い関係で連絡しやすい状態を作っておけば、頼めることも増えるでしょうから。

子供がつながっている友達と学年が変わる時に同じクラスにしてもらうなど、連携ができていれば登校しやすい条件も作れる可能性も増える。

それは親が頼むというより、連携が取れていることで自然に考えてもらえるように。

そして気をつけたいのは、そこに本人の元気ややる気を良く観察しながら、本人の意思を確認しながら尊重することが一番大事であること。

親の勧める気持ちの方が強くなっていないかということです。

思春期は人目が特に気になる年頃でもありますから、親が考えている以上に本人の心の壁が高い場合もありますので。

元の学校に戻れる可能性としては、その学校の学年に本人が繋がっている仲の良い友達が1人以上いるか、ということもあったりします。

だから携帯などもむやみに制限したり、取り上げたりしない方がいいことがあります。

本人が不登校中も友達と遊びに行ったり、来てもらったり機会がある場合は、喜んであげましょう。

「勉強もしないで遊んでいる」とか思わずに、本人のを気持ちを大事にしながら協力してあげましょう。

不登校の状態は本人が弱っていたり困ったりしている時期でから、過干渉にならないようにとはいうものの、放任ではなく応援をする時間を増やす必要もあります。

例えば母親が仕事をフルタイムでしていて、夫との事や他の事で疲弊しやすい状態があったりすると、時間と気持ちにゆとりの無く、十分に元気を取り戻せるようなサポートがなかなかできていないと、不登校や引きこもりが長引いてしまうことになりかねません。

経済的事情により時間に仕事を減らせない、他の対応で期間がとられて、時間を作れないなど。。。

よきサポートの為に母親の体調が先ず大事なのですが、今は他の親の人生の都合より、「弱っている子供のことを一番に考えてあげてほしい」と私はお伝えしています。

その方が親の人生も長い目でみて楽になるでしょうから。

過干渉はよくないけど放任が多いもダメなのです。その微妙な違いを心得ていただけたらと思います。