オンラインビデオ通話〔全国〕対面〔都内、千葉、埼玉〕匿名電話相談〔ボイスマルシェ〕

「ハピネス」代表者 福原里美 プロフィール

1958年生まれ、山梨県出身、明治大学卒

証券会社勤務や結婚前は京都で呉服販売をしながら茶道に励んでした。

30歳で旧家に嫁ぎ2人の娘を出産。

娘達に中学受験をさせ、長女の不登校時に次女の受験の失敗もあり、

子供たちに寝言で「死にたい」、「人生に疲れた」と言われドン底を味わう。

ある出会ご縁から自分の心の不安を減らす方法に出会い、しばらくして不登校の悩みが解消。

その後2人の娘は大学を卒業、結婚。現在は夫と二人暮らしで、この仕事に専念している

私がカウンセラーをしているのは

ご相談を受ける者として私が抜け出せたポイントと思うことだけでなく、「どのように我が子を信頼して見守る気持ちになっていただくことを伝えるか。十人十色、千差万別な状況の中でどのような応対がそのご家庭で適切なのかなど、なるべく短期間で心得ていただける為のサポートを研鑽してきました。

 

 確実に解決できる道を歩めるようにサポートしてあげたいという思いで、自分の体験だけでなく色々な心理手法を10年以上かけ、大学をもう1つ卒業できるくらい学んできました。

 その中で慎重に約500件以上の相談を受け、満足度90%以上のご感想をいただいています。

 

 元の学校にもどったケース、転校や通信高を選択したケース、やりたい仕事の専門学校に進んだケースなど、進路はそれぞれでも共通して言えることは、まづはお母さんが心配より、信頼する気持ちを増やして、本人の元気を取り戻せる関わり方を見つけ、進路や将来の希望を語りあえる関係になることだと、ご相談の始めに思うことです。

 

 不登校生がいる殆どのお母さんが、子供のことを自分のこと以上に大事に思って、時間やお金も優先させているのに、お母さんが子供の足を引っ張ることになって疎まれている。こんな残念なことはないと思うのです。

 

 だから不登校生のお母さんを中心にお仕事を提供しているわけです。良い関係を取り戻して子供が希望の未来へ立ち上がって歩んでいく姿を応援できるお母さんになっていただくことが私の人生の経験からできたミッションだと思うからです。

 

 家庭の要である母親が安心して笑顔でいられるようになれば、不登校の子供だけでなく 家族も助かり影響は大きいから、私のやりがいも大きいのです。ですから新たなわかりやすくお伝えするアイデア等浮かんだ時がワクワクしている瞬間ですし、相談者のご家庭の嬉しいご報告をいただいた時が何よりもの私の喜びであり、充実感を深く感じるときなのです。

我が家の不登校時には

 我が家の15年前のお話をすると、娘は中2で不登校になりスクールカウンセラーに親子で相談にいっていたのですが、娘がもう相談に行かないと言い出し、そこから出口の見えない長いトンネルをさまよっているような不安な日々でした。私は安定剤を飲まないと動悸や冷や汗でいられない状態になっていました。

 

 その頃、長年の引きこもりから事件になったニュースが社会の注目ニースになったりして、いろいろのことが怖くなっていたのでした。だから下げたくない頭を下げて、他校の教頭先生であった知り合いに相談したのですが、もっと自信を無くし不安になって帰ってきたこともありました。

 

 「ああ、誰か抜け出せるように導いてくれる人がいたらなぁ!」と強く思ったのが昨日のように思い出されます。

 

 家庭という限られた空間で、「話たがらない我が子と日々向き合う中でどうしたらいいのか?」「俳人のようにボーっとなってしまった我が子を、どうしたら回復させられるのか?」「布団をかぶって返事もしない子供に、どう声をかけたらいいのか?」「ちょっとした一言で暴れて物を壊す我が子に、どういう態度をとったらいいのか?」わからないまま私も我慢の限界で感情が爆発してしまったりで、後から思うと返って悪化させるようなことを何回もやっていたんだなあと、今だからわかることもあります。そんな日々をその日を 必死で生きていたように思います。

 

 政府はスクールカウンセラーをここ10年くらい倍増させて殆どの学校に窓口を設置していますが 行き渋り不登校引きこもりは増加の一途で長期化しています。公的機関だけで回復できる人は少ないく、苦悩な日々をおくっている家庭が増えているわけなのです。そしてコロナ禍でさらに増えている昨今、どれほど多くのご家庭で悩まれていることでしょう。

 

 私がお伝えしたいことは、我が子の不登校という試練で、切羽詰まった思いがあるときだからこそ本気に取組めて、不登校になる前より幸せな人生が歩めるようになれるということです!

 

不安からの心の切り替え方をお話すると「あなただからできたんでしょ」と言われることがありますが、要領の良くない飽きっぽい私でも不登校の悩みがあったからなんとかやれたんだと。我が子の事だから投げ出すわけにもいかないから、悔しくても私が変わるしかないと思えたんだと。

不登校になる前より良い人生を歩めるようになります!

私がお伝えしたいことは、我が子の不登校という試練で切羽詰まった思いがあるときだからこそ本気に取組めて、不登校になる前より幸せな人生が歩めるようになれるということです!

 

 不安からの心の切り替え方をお話すると「あなただからできたんでしょ」と言われることがありますが、要領の良くない飽きっぽい私でも不登校の悩みがあったからなんとかやれ(本気でやるしかなくて)出来たんだと。我が子の事だから投げ出すわけにもいかないから、悔しくても私が変わるしかないと思えたんだと。

 

 そして幸運にも善き出会いによる善き気づきをあったわけですが、お蔭様で今はそれらがどのような意味を持つか整理されていて、わかります。それらをなるべく早く得ていただき、迷いを減らして進んでもらえるサポートを10年以上の心理と真理、意識の学びからご提供しています。

 

 自分のネガティブな心の扱い方がわかり、自分も相手も周りも元気にするための癒しの関わり方がわかるようになります。不登校を解消させた後も、人生のいろいろな場面で不安より心に明るく持てるようになるため、不登校になる前より良い人生を歩めるようになるのです。

 

 私とのカウンセリングの時間では、どういう対処や関わりにしたら望ましい状態を作っていけるか、貴方のご家庭の現状からアイデアを引き出す対話と質問があるのですが、その時にあなたのあるがままを受容しながらお話を伺い、未来と今の中からポジティブな視点が増えたり、あなた自身の良いところも気づいていただく。そのような時間を定期的に持っていただくことで、貴方もご家族へ望ましい対応をしていただけるようになり、その後現れる1つ1つのポジティブな変化を見守っていただく。それを共に喜びながら進めさせていきたいと思っています。どうぞ、いいなあと思っていただけたらご連絡ください。お持ちしています。

不登校生のお母さんのために2010年に作った動画です

 製作と作詞に表示した名前が私の戸籍名です。

<関連資格取得>

2006年 真我カウンセラー1級取得
2009年 本物研究所認定 ライフカラートレーナー
2010年 日本メンタルヘルス協会認定 基礎カウンセラーコース卒業
2010年 GCS認定コーチから3年後プロフェッショナル・コーチに認定
2011年 旧NPO法人ファミリーカウンセリング基礎、専門コース修了
2012年 フラクタル心理学上級修了
2015年 2月から匿名電話相談サイト「ボイスマルシェ」の相談員として登録
2017年 一般社団法人日本TFT協会認定TFTパートナー
2018年 日本ブリーフ(短期)セラピー協会会員

相談者にとって、最良な応援者であることをいつも心がけ、

誠実なサポートをお約束いたします。